閉経時に起こる症状の改善薬

プレマリンとは、女性の方の体内で卵胞ホルモンの分泌量が低下した際に起こる体や精神面への不調を改善する際に用いられる女性ホルモン剤となり、主に更年期障害の治療に対して用いられる事が多く、HRTホルモン補充療法により欠乏するものを補う治療で使用され、更年期障害で言えば補充する事で自律神経失調症に様相を呈する神経から来る症状や心身症に良く似た精神障害を改善する事ができ、特に自律神経失調症状においては体がのぼせた状態や火照りを感じる等のホットフラッシュと言われる血管運動神経への症状により高い効果を発揮するとされています。
プレマリンの特徴として、その剤形は円形としており又、白い錠剤となり表面には結合型エストロゲンの成分量0.625mgの印字が施されており、経口の内服により効果を発揮する医薬品となり、主な内服の方法としては一日一錠の投与とされ、それ以外の適応症に対しては一日で一から三錠とされ、処方する方の年齢あるいは体に起こる症状の度合いによってもこれらは医師により適宜増減されるとしています。
更年期障害は閉経に伴う卵巣の機能低下により起こる症候群の一つで有るとされ、分泌されているエストロゲンの中でもE2の欠乏が著しいとされ、プレマリンと投与する事で体内で転換され活性化したE2になる事でホルモンを補い起こる不快あるいは苦痛を伴う症状を改善へと導く事が出来ます。
本剤を内服する前には必ず子宮や乳房の検査を必要としており、これは癌細胞が発見された場合には投薬を禁止されている為であり、内服した際には卵胞ホルモンにより癌を悪化させる為とされており、他にも血栓症を持病として抱える場合でも同様に禁止されています。
卵胞ホルモンを摂取する事でホルモンの均衡に変化を与える事から起こる副作用として多いとされているのが吐き気、嘔吐や不正出血、乳房に張りや痛みを感じる事とされ、不快な症状を伴うとされますが、一時的なもので治まる事が殆どとされ二ヶ月程継続していけば次第に軽快になるとされています。